Exterior    Interior   Engine
ウッドノブ
ウッドドアキャッピングは最初から装備されてました。
なので、これに色調を合わせる形で、ドアプルハンドル、
インナーハンドル、レギュレーターハンドル、ドアロックベゼル
をウッドで統一してあります。
シフトノブ、サイドブレーキノブも当然の如くウッド調。
シフトはエクステンション噛ませてます。じゃないと、
短くて操作が辛いから。イギリス人は大きくて、手足も
長いから丁度良いんでしょうかね…?

写真にはありませんが、シートを起こす時のロッキング
ノブもウッドです。
ドアポケット
ドアポケットは、小物置き・ドリンクホルダー付きに付け替え
ています。オリジナルは、冊子が少しだけしか入らず、しょぼ
いですから。
ナビ
ごらんの通り、使用しない時はインダッシュパネルに収まって具合が良いのですが、引っ張り出すとメーターが隠れて
しまいます。ナビはPanasonicのデルナビKX-GT10、CDをモニターの後ろに入れるポータブルタイプです。古い…
新しいカーナビ(2012年7月1日)
カーナビを新しい機種に交換しました。今迄使っていた機種は1998年製ですから既に14年も経過してました。CDも長ら
く更新せず、道なき道を走ったり、読み取りエラーが発生したりと草臥れてきていたのでね。
今回購入したのは、Pioneer(carrozzeria)のエアナビ AVIC-T77。画面は5.8インチ、16GBフラッシュメモリータイプです。
今回拘ったのは取付場所。今迄のようにメーターを隠すのは嫌だったので、使っていない灰皿位置を利用する形で取付
てもらいました。作業してくれたのはiR(イール)というMini専門店、Webで探しました。ナビ本体はヨドバシカメラで購入し、
持ち込む形でOKでした。ただ、本体購入価格が約36,000円だったのに、取付作業は62,000円もかかってしまいました。
実質的には、旧ナビの取り外しと空いた場所へ本来のオーディオを移設する工事が作業代の半分くらいという感じです。

さすがに14年も経つとナビも進化してます。賢い!の一言。でも、使いこなすのに時間がかかりそう。
オーディオ
本来オーディオがある場所をナビが占領しているため、
オーディオが押し出される形でこんな場所に。
オーディオの下に張り付いているのは、ETCカードホル
ダーです。
新しいオーディオを移設
カーオーディオが不調で取り替えたのは2011年8月末。
CDどころか、ラジオまで音が途切れる始末なので。最近
のオーディオはCDじゃなくUSBメモリーなんですね…
カーナビを交換して取付位置が変わり、それまで占領さ
れていたオーディオスペースが明け渡されたので、本来
の場所に移動しました。これで足元が少しスッキリ。
副産物は、オーディオとナビが同じPioneer製なので、ナビ
の音声をオーディオのAUX経由でオーディオ用のスピー
カーから流せること。ナビはmicroSDを読み込め、SDの
音楽・映像ファイルを再生出来と。操作もナビの方がし易
すそうです。
ルームミラー
ルームミラーはクロームワイドミラーに付け替え。
少しでも視界が広い方が安全性は高いですから、当然。

ミラーの上にあるのはETCのアンテナ。

時計
ナビを使うと時計が見えなくなっちゃうんで。アンティ
ークなアナログ時計です。
灰皿は使わないので、マウスが占領しています。
ハンドルとメーター
ハンドルはオリジナルのまま。メーターはこんな感じ。
オーナメント・ミニ
フロントガラスの前に。
知人からの貰い物です。
テディベア
ミスター・ビーンでお馴染みのあれです。
   Exterior    Interior   Engine